ホーム>住まいるママで実現できる3つの約束

住まいるママで実現できる3つの約束

Point1 家事の負担を減らすラクラク家事動線

家づくりを考える際に、大事なことの一つとして、家事の負担を減らす工夫をすることです。
家事は毎日のことだから、少しの工夫をすることで、日々の家事のストレスを軽減することができます。
例えば、「食事の準備や後片付け」、「お洗濯」、「お掃除」などの、家事の様々な場面での使い勝手が良いかどうか工夫することが、大事なんです。
家事の負担を軽減し、自分の趣味の時間を楽しんだり、家族とのコミュケーションに使ったりすることで、家族の皆がスマイルになります。

家事の中で負担の大きいものは何?

家事の中で「食事の用意と後片付け」、「掃除」に負担を感じている方が多いです。
家事動線を短くしたり、少しの工夫をすることで、解決できます。

家事導線

効率よく、ラクに家事をするには、「家事動線」が何より大切です。
濡れて重くなった洗濯物を2階に運んだり、週末に買いだめした食材をキッチンに運んだり・・・動線が良くないと想像以上にママは大変です。
「同時に行う家事」の動線はなるべく短く行いましょう。  

住まるママにはアイデアがいっぱい

キッチンから水回りの動線

キッチンから水回りの動線

お風呂をわかしたり、洗濯したり、料理の合間にやってしまいたい。
朝、少しでも時間短縮するために、朝食の準備と出かける支度は同時並行で。

ママが一番いる時間が長いキッチンと水回りはなるべく近づけると「ながら家事」で効率的にこなせます。

間取り

キッチンから水回りの動線

キッチンから水回り

濡れて重たい洗濯物。
2階に干しに行くのは、奥様には重労働です。

洗濯したらそのまま1Fで干せるようにする、扉を引き戸にする、などなるべく短く、
ストレスの少ない動線を考えておきましょう。

室内物干し

室内物干し

共働きのママは、夕立が怖くてなかなか外に洗濯物を干せない・・・
室内物干しでそんな悩みも解消!

使わない時はスッキリ収納出来るのもうれしいですね。

 

Point2 収納上手なママになれるスッキリ収納

家を建てた方で収納に対する不満第1位は、「欲しいところに収納がない」ことです。

収納は、使い勝手が悪い場所や不足している場所を考えながら、どこに収納スペースを作るかを、決めることが大切です。
収納を工夫することで、見た目をスッキリすことができ、キレイな収納を実現することができます。
収納を考えた家づくりをすることで、自然と収納上手になれます。

使い勝手の悪い収納はどこですか?

収納は収納量も大事だけど、どこにどれだけの収納を用意するかがもっと大事です!
特にキッチン周辺は使う頻度も多いのでアイデア次第で使い勝手がよくなります!

グラフ2

家づくりで重視したいことは何ですか?

多くのママが家づくりで、「収納」を重視しています。

収納

住まるママにはアイデアがいっぱい

クローゼット

玄関収納
(シューズクローク)

ベビーカーやゴルフバックも
収納できる!

キッチン収納

キッチン収納

後片付けもラクラク収納!

階段下収納

階段下収納

意外と便利な階段下収納!

Point3 スクスク育つ!子育てが楽しくなるアイデア

お子様の成長を見守るのは、何よりも幸せなことです。
でも、成長するにつれて家族とのコミュニケーションの時間がだんだん減ってしまいます。

お子様が成長しても、家族ができるだけ顔を合わせてコミュニケーションが取れる工夫をすることが大事です。
お子様の成長に合わせ、住まいも成長させる工夫をして、家族が幸せになる住まいを提案します。

子育てと住まいの関係

東大生の育つ家
スティーブ・ジョブスを育てた家

住まいるママにはアイデアがいっぱい

グラフ

「子供のおもちゃ・作品」の収納に困っている!

スタディスペース

エコカラット

湿度対策をすることで、
お子様が健康に!

ワークスペース

スタディスペース

お子供様と勉強する
スタディスペース

ニッチ

ニッチ

教科書が楽々入るニッチスペース

リビング収納

リビング収納

お子様のおもちゃなどが収納できる

畳スペース

畳スペース

読み聞かせのための畳スペース

落書きコーナー

落書きコーナー

お子様の想像力を育む
落書きコーナー

 

loading...