ホーム>スタッフブログ>日記>対面キッチンの種類と特徴 Part2
日記

対面キッチンの種類と特徴 Part2

 今回も前回に引き続いて、対面キッチンの種類の説明を書いていこうと思います。本記事ではペニンシュラキッチンについて書いていきます。
 
・ペニンシュラキッチン
皆さんは「ペニンシュラキッチン」という言葉を聞いたことがありますか?特に「ペニンシュラ」という単語に全く聞き馴染みがないのではありませんか。「ペニンシュラ」とは日本語で「半島」という意味を表します。では「ペニンシュラキッチン」とはどのようなものなのでしょうか。ペニンシュラキッチンとは左右のどちらかが壁に接している対面キッチンのことなのです。アイランドキッチンとは違い、半島のように片方だけくっついている様からそう呼ばれています。対面キッチンの代表格として思い浮かぶのはアイランドキッチンですが、実はこのペニンシュラキッチンの方が使われることが多いのが事実です。
 
*メリット
ペニンシュラキッチンのメリットは左右どちらかを壁につけるため、比較的スペースを広く使えるという点です。アイランドキッチンとは違い壁につけるので、左右どちらかに寄せることができ、片方のスペースを有効に使えます。また、コンロの横に壁があるため、アイルランドキッチンよりも油はねには強い構造となっています。そして、アイランドキッチンよりは価格が安いもの特徴です。
 
*デメリット
ペニンシュラキッチンのデメリットは存在感と開放感が落ちてしまう点です。キッチンの片方が壁にくっついているためあまり目立たなくなってしまい、また壁で見渡せなくなる部分があるためです。また、キッチンの周りを一周することができなくなるため機動性は落ちてしまいます。
 
・I型キッチン
コンロからシンクまでが横一線で並んでいるタイプのキッチンをI型キッチンと呼びます。1番使われるキッチンがこのタイプです。下ごしらえから配膳がほぼ平行移動のみで行えます。キッチンの前にカウンターができるため、セミオープンキッチンと呼ばれます。壁やカウンターがある分開放感は少なくなりますが、リビングを見渡すことはできるのでオープンキッチンとなります。
 
*メリット
1番のメリットは手元を隠すことができる点です。I型キッチンは手元のカウンターの高さを変えることができるので、キッチンの生活感を隠すことができます。また、比較的狭いスペースでも取り付けることができるのも魅力的です。
 
*デメリット
デメリットはやはり開放感が無くなる点です。アイランドキッチンと比べると圧倒的に開放感は少なくなってしまいます。また、見た目も一般的なキッチンタイプであるので、インテリアとしての機能は持ちません。
 
いかがでしょうか。次回は残り2つのキッチンの説明をしていきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.heartlike.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/157

loading...