ホーム>スタッフブログ>日記>汚れた空気が人体に及ぼす影響について
日記

汚れた空気が人体に及ぼす影響について

みなさん部屋の中の空気は綺麗ですか?空気は目に見えるものではありませんが私たちが生活する上でなくてはならないものです。公園や山などの自然で吸う空気と、交通量が多い道路などで吸う空気では清々しさが違う気がしますよね。実は汚れた空気を吸い続けると人体に悪影響を及ぼすのです。今回はそんな空気に注目してお話させて頂きたいと思います。


・汚れた空気が人体に与える影響について
皆さんは一日にどれだけの量の空気を体内に取り込んでいるか知っていますか?実は一日で約20キログラムもの量を体内に取り入れているのです。これはおよそペットボトル2万本にあたる量だそうです。それだけの量を体内に取り込んでいるわけですが、その空気が汚いとどうなると思いますか?当然体に悪影響を及ぼすことは容易に想像できますよね。ホコリやかび、タバコの煙などで汚れた空気を吸っていると、めまいや頭痛、花粉症やアレルギーを引き起こす可能性もあります。最悪の場合は肺がんを患ってしまい死に至るケースも考られます。

また、空気が汚れているとエアコンや暖房機器のフィルターにホコリがたまり効きが悪くなったり、せきや、頭痛、めまいなどで仕事にも悪影響を及ぼします。

社会人の方や学生でも半日、幼い子供や主婦、高齢者の方なら20時間以上家に滞在する日もございます。たかが空気と思って何の配慮もしないと大変なことになるかもしれませんよ。


・空気を汚す原因
ここからは空気の汚れの原因についてお話しいたします。

1、ホコリ
ホコリは主にカーテンや布団、カーペットなど布系のものやティッシュ、トイレットペーパーなどの紙製のものから発生します。外から入ってくると思われがちですが、実は家の中に原因があるのです。またダニはホコリの中に生息しています。

2、タバコの煙
最近は喫煙する人も減ってきましたが、やはりタバコの煙が及ばす影響は大きいです。喫煙者はもちろん、間接喫煙でも人体に悪影響を及ぼします。また、タバコの煙で壁紙が変色してしまうケースもあります。喫煙するときは家の外で吸うのが一番でしょう。


3、カビや細菌、ペット
カビや細菌、ペットの毛や唾液なども空気が汚れる原因になります。特に花粉症などのアレルギーを持っている人は気をつけてください。


どうでしたか?普段当たり前のように体内に取り込んでいる空気ですが、汚れていると体に悪影響を与えます。定期的に換気したり、汚れの元を断つなど空気を綺麗にするよう心がけましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.heartlike.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/166

loading...