ホーム>スタッフブログ>日記>セクショナルキッチンのメリット・デメリット
日記

セクショナルキッチンのメリット・デメリット

 皆さんは「システムキッチン」という言葉を聞いたことがありますか?今やキッチンの構成の主流になっているのがこのシステムキッチンです。では、システムキッチンが主流になる前のキッチン構成がどんなものであったかご存知ですか?それは「セクショナルキッチン」です。このキッチン構成を未だに好んで使っている人もいます。ではこのキッチンはなにが違うのでしょうか。今回はこの両者の違いを説明したのちに、セクショナルキッチンのメリット・デメリットについて書いていこうと思います。
 
・システムキッチンとセクショナルキッチンの違い
まずは、両者の違いについて説明していきます。システムキッチンとは、流し台・コンロ・調理台・キッチン収納などが、ワークトップと呼ばれる天板で繋がり、すべてが一体となるように組み合わさったキッチンのことです。対してセクショナルキッチンはコンロ、調理台、シンクなどをそれぞれ購入して組み合わせるキッチンです。そのため、表面に継ぎ目ができ、また高さも水平にはならないのが特徴です。
 
・セクショナルキッチンのメリット
次にセクショナルキッチンのメリットについて書いていこうと思います。セクショナルキッチンのメリットはリフォームしやすいというものです。というのも、セクショナルキッチンはそれぞれが独立しているため、必要な場所だけの部分的なリフォームに対応できるからです。まだ使いたいと思っている機器は残して、汚れが目立ってきている機器や、壊れてしまった機器のみ交換できます。そのため、リフォーム費用も安く済みます。
 
・セクショナルキッチンのデメリット
セクショナルキッチンのデメリットは大きく2つあります。1つ目は継ぎ目が存在するのでそこに汚れが溜まってしまう点です。一つ一つのパーツを組み合わせるため、どうしても隙間ができ、そこにゴミが溜まります。しかし、そこに防水性のテープなどを貼ればある程度のごみは防ぐことができます。2つ目は仕様の自由度が低い点です。パーツごとのサイズが決まっているため、食洗器などの新たな機器を組み込むことが難しいです。
 
いかがでしょうか。普段何となく耳にする「システムキッチン」についてのことや、それとは異なる構成の「セクショナルキッチン」のメリット・デメリットをご理解いただけたでしょうか。次回はシステムキッチンのメリット・デメリットについて書いていきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.heartlike.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/168

loading...